米国ビザ - グリーンカードの最新ニュースと解説です:

 
NEW 非移民ビザ申請手続きの変更 - 更新 (2012年2月28日)
面接免除パイロットプログラム (2012年2月16日)
前回のビザ申請時に面接と十分なスクリーニングを受けた、資格のある外国籍旅行者は再度面接を受けずにビザの更新ができる可能性があります。
 
非移民ビザ申請手続きの変更 (2012年2月2日)
2012年3月23日より、米国大使館・領事館は、新しい非移民ビザ申請手続きを導入します。ビザ申請者は面接予約の前に申請料金を支払わなければなりません。新しいシステムは3月23日より使用可能です。

 
米国移民法、審査基準はしばしば改定され、更にその時点での各カテゴリーの年度ビザ発総数状況により調整が為されます。特に 「就労ビザ * 一時滞在ビザ」の申請準備はお早めに計画を立案されることが必要です。特に法人関連で現地法人勤務の為の駐在員用にビザ、米国サイドでの雇用による "H" Visa 関連は年度計画に基づいたご準備が必須となります。

 
ESTA システム有料化法案にオバマ大統領が署名 ⇒ 米国移民法ニュース:

 
米国ビザの各種カテゴリー:
アメリカ合衆国の VISA の種類は < 移民 VISA = Immigrant VISA > と < 一時渡航 VISA = Non-Immigrant VISA > の2 つに大分類されます。

"A" VISA: 公用 * 外交官用。
"B" VISA: 商用 * 観光用の VISA で 90 日以上滞在する場合に適用。
-
"C" VISA:
米国内経由で第三国へ行く時に必要 (滞在日数は 29 日 max.)。
-
"D" VISA: 輸送業務関連で、航空船舶関連の乗務員用。
-
"E" VISA:
貿易 * 投資用で、企業派遣の駐在員や投資家に発給され、E-1 E-2 の 2 種類があります。
-
"F" VISA:
一般留学生用で F-1 (= 留学生本人) F-2 (= F-1 の配偶者と子供) の 2 種類があります。
-
"G" VISA: 国連など国際機関関係者用。
-
"H" VISA:
就労 VISA で H-1B (専門職能者) H-2A(短期農業従事) H-2B (H-2A 以外の短期労働者) H-3(労務研修者) H-4 (= H-1/2/3 の家族) の 5 種類があります。
-
"I" VISA: 報道機関関連従事者用。
-
Click >>> 上記各種ビザ、その他ビザの概要と解説:
-

>
現在位置: Home
>
政府認可 投資ビザプログラム Desjardins - International Banking Group
 法律事務所ロゴ
   カナダ国, ケベック州弁護士会
US Flag
メインメニュー
米国永住権トップページ
新着ニュース: 米国ビザ
米国ビザ各カテゴリーの概要
H-1B ビザの解説
E-1, L-1, 投資家ビザの解説
F-1, M-1, J-1ビザの解説
米国グリーンカード、アメリカ永住権の解説
再入国許可 Re-Entry Permit の解説
DV Program
DV-2011当選手続の解説
DV-2012の概要と解説
DV-2012のお申し込み
DV-2012費用について
応募からビザ発給迄のフローチャート
グリーンカード抽選: 当選通知レター
サポートメニュー
FAQ: よくいただく質問と回答
ご挨拶
会社概要
個人情報管理について
お問い合わせ: アクセス
過去記事アーカイブ
参考となるリンク集
サイトマップ Site Map
カナダ留学に関する情報
カナダ大使館: カナダ移民申請の最新情報
サイト更新時期の表示
サイト検証済, verified
弁護士事務所ロゴ カナダ移民申請: カナダ大使館サポート情報